補助金ブログ

補助金ブログ · 2021/07/20
 「松浦さんのような方は初めてです。松浦社長の仕事に対する責任感に心から感服しています。女を捨てて私にはできません。」と、日本の所謂キャリアガールの先駆けであった、今でも美しい肌と気品がある女性経営者はおっしゃいました。「女を捨てて?」は、数日間、徹夜状態が続いたことに驚かれての言葉とわかり、「大丈夫ですよ。この仕事が終わったら女を取り戻しますから。」と笑いながらお答えしました。  実は、起死回生をかけての同社の事業計画策定支援業務。それまでの穏やかな雰囲気が一変したのは、決算書が出てきてからでした。拝見した途端、私の表情は一変したのだと思います。話はそれますが、、過日、別件で私の仕事の様子をカメラマンと共に取材に同行していたコーディネーターが、「いやあ、インタビュー時と全く違う厳しい表情で、良い写真が撮れましたよ。学生さんには、こういうリアルな仕事の場面を是非見せたい。」とおっしゃっていましたが、その時も、確定申告書を拝見していた時でした。  話を戻します。「こ、これは・・・・」かなり重症で、先のブログでも記載した「経営者無意識状態」に陥っていました。経営者さんは必死に頑張っているのですが、「損益計算書」は売上減少や利益が赤字になり危機感が湧いても、「貸借対照表」は資本金が既にマイナス状態でも、目がスルーしてピンとこない場合が多いのです。そこの数字を見て「どうしよう・・・」と私の心の叫び。かくして寝られない日々が続いたのです。  いくつもある事業から1つに絞って、補助金を活用して事業計画を策定する。その際の投げかける質問から、経営者の手の打ち方が誤っていたこと、時代に対応できていなかったことを、チラリ、チラリと意識して頂ければと思っています。少し表情が暗くなったその方は、「以前は良かった・・・」と過去の栄華をお話下さる。それを受容して、先の計画に入る。すると、さすが経営者。繊細さ漂うマスク下から「うちの人材育成は、『ピラニア育成法』で」・・と肉食発言が出る。そうそう、その調子でいきましょう。  電子申請まで、一緒にサポートし最後の完了ボタンを押した時には、思わずパソコンに手を合わせ、社長と笑顔を交わしました。どうか、採択されますように。
補助金ブログ · 2021/07/12
必死に頑張って事業継続に取り組む経営者の無意識の落とし穴について記載します。
補助金ブログ · 2021/06/02
経済産業省の一時支援金事前面談の登録確認機関として協力し、弊社の受付を一応5月末で終了しました。徒然なるままに、胸の詰まること、嬉しかったことを書きました。
補助金ブログ · 2021/01/01
謹賀新年ーコロナ禍の最悪の苦境においても、賃貸借勘定の貸方に歩が残る
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。激動の昨年は、政府の施策を関与先にお伝えすることに追われました。苦境の関与先には、次のメッセージと共に伴走できたらと思います。 お馴染み「ロビンソンクルーソー漂流記」の主人公ロビンソンは実在のモデルがいたそうです。彼は、漂着した孤島で、日々の自分のおかれている苦境を患うことから解き放されるために、簿記の貸借対照表の借方、貸方に取引を記載するように、苦しんでいる不利な点(絶望)と、自分の恵まれている有利な点(希望)を列挙し始めた。 【借方1(絶望)】:自分は恐ろしい孤島に漂着し、救われる望みは全くない。 【貸方1(希望)】:しかし、他の乗組員全員が溺れたのに私はそれを免れてこうやって生きている。 【借方2(絶望)】:私は全世界からただ一人、いわば隔離された悲惨な生活を送っている。 【貸方2(希望)】:だが、自分一人が乗組員全員から除外されたからこそ死を免れたのだ。そして彼は思った。 「絶望の中にも、そこには、多かれ少なかれ感謝に値するなにものかがある。良いことと悪いことの貸借勘定では、結局貸方の方に歩がある。
補助金ブログ · 2020/10/25
締め切りにご注意 ・急遽、コロナ対応として売上減少を条件とする少額補助金がたくさん公募となりましたが、条件と申請記載内容的に問題がないにも関わらず、採択されなかったケースがあります。...
補助金ブログ · 2020/09/16
これは大変、と久々の展示会9月2日(水)~4日(金)「第12回 Japan マーケティング Week [夏]」@東京ビッグサイトへ。実は同社は、金箔・銀箔押しの全く新しいカタチとして、新製品「トライアングルマリアージュ」を出展。箔押しは型が必要という常識を打ち破り、今までにない細かい線の表現や、不可能だった全面ベタの箔押しが、様々な紙・素材で可能となったそうです。従来のオフセット印刷とシルク印刷と箔押し技術の融合―つまり三者のかけ合わせです。社長曰く「平たく言いますと、三角関係とでも言いますでしょうか・・・・・。」高級路線をターゲットにし、従来の箔押しとは一味違う技術により商品の中身・外見にヴァリューアップを促します。手提げ袋はセレクトショップ向け、パッケージは高級洋菓子・高級果物・ブライダル向けを意識してデザイン。新技術1点に絞った自粛後の出展で、ブース来訪者は購買意識の高い方々が多かったようです。是非、現物をご覧ください、本当に美しいです!!!。仲長社長は、その昔、私が関与先勉強会事務局をやっていた時、お誘いのお電話をすると「参加者が少ないの?」と心配して下さったことを思い出します
補助金ブログ · 2020/08/26
内閣府「第5次男女共同参画基本計画」改定に当り、関係府省・有識者からのヒアリングやパブリックコメントが始まりました。日本BPW連合会(加盟するBPW Internationalは、国連経済社会理事会諮問機関として一般勧告権を持つNGO)主催勉強会に参加し、「経済産業省認定 経営革新等支援機関」業務に携わる中で提案2点を質問中。
補助金ブログ · 2020/03/09
【電子申請の準備】gBizIDプライムの取得はお早めに 今回から取り入れられる電子申請からは、国の共通プラットフォームの仕様に合わせた申請方法になることから、昨年までの電子申請とは、そのフォーマットや手順、添付書類のアップロード方法等が異なってくるものと思われます。 事前準備として「gBizID(プライム)」をあらかじめ取得しておく必要があります。...
補助金ブログ · 2020/02/22
ものづくり補助金ができた頃から携わっている、もの補助事務局よりも詳しい北野孝志パートナーコンサルだから書ける、審査のポイントを正しく理解して上で、明確に審査員に伝わるような申請書の書き方を、お伝えします。
補助金ブログ · 2019/11/15
―新製品開発までの経緯― 設備導入や販路開拓への資金調達を初めとしたご支援をしている同社は、照沼社長のアパレルのパタンナー職人として1977年からキャリアをスタートし、パターン(型紙)の製造会社として(株)パタ-ン企画テルヌマを2005年に設立し、アパレル業界で大きな信頼を得てきました。...

さらに表示する