コンサルティング内容

 1948年の創業以来 約70年、コンサルティング機関として、成功を願う大小様々な企業の経営を支援して参りました。その支援理念は、「ひと中心」に基づいた「強くて善くて働き甲斐のある会社づくり」です。この理念がなければ会社は生き残れません。取り敢えずコロナ禍を生き抜くために3カ月先までしか考えられない。そのようなお声が聞かれます。しかし、必ずコロナは集束します。ポストコロナ・ウイズコロナを見据えた小規模・中小企業におけるSDGs実現に向けた経営戦略策定を支援します。そして「強さ」をスピードアップするマネーは国の施策を活用した資金調達(補助金・融資)、「善さ」の実現は、社会貢献。そして、「働き甲斐」の実現には、ハラスメントのない職場・育児休業後の職場復帰を中心に、従業員一人ひとりが職場とそれ以外の自身の人生の舵取りをしながらやりがいをもって働けるよう支援をいたします。

 また、将来を見通すことが困難なVUCA(ブーカ)*時代だからこそ、同じ志を持つ企業や機関との連帯・連携が求められます。長い社歴で培った信頼のもと、お客さまの成長・発展に貢献してまいります。

 

*VUCA : Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(不透明性)


(株)会社業務研究所では、
・関与先の安全・安心と、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を最優先として、手洗いと、事務所建物と備品のアルコール消毒を実施しております。
・関与先へは、補助金を通しての感染症拡大防止を支援と同時に、コロナ沈静後の自社評価となる、従業員・外注の雇用維持をするように伝えています。

 

新着情報

2021年

  6月2日 ブログ『一時支援金事前確認面談を終えて、悲と幸。』

 4月30日 事業再構築補助金のご支援が終了しました。結果を待つのみです。

 419日 松浦なつひが、尚美学園大学様高校生入学案内での特集記事「高校生の憧れる職業」企業パーソンとして紹介されます。

  3月30日 12社申請ご支援をした小規模事業者持続化補助金では、「数十か国語の挨拶で呼込みをする寿司店」「創業50年の茶道具

      店」「創業85年の老舗花屋」「ミシュラン修行シェフのデリバリーサービス」等日本の地味だけれど残ってもらいたい事業

      者さんが採択されました。ただ東京五輪に売上増加を期待する事業者さんは1社もいなかったのが印象的でした。

  1月15日 小規模事業者・中小企業のポストコロナ&ウイズコロナを見据えたSDGs実現経営戦略のご支援を開始します。

  1月1日  ブログ『コロナ禍の最悪の苦境においても、貸借対照表勘定の貸方に歩が残る』

2020

    9月16日 ブログ三角関係に巻き込まれた(株)ナカオサさん!?ー金箔・銀箔押しの全く新しいカタチ!を更新しました。  

   8月26日 経営革新等支援機関として内閣府(第5次男女共同参画基本計画策定)にハラスメント撲滅啓蒙をパブコメしました。

   2月22日  弊社が東京都の『中小企業プロモーション支援対象企業』に承認されました。
   2月  8日 育児休業後の職場復帰支援』について、
茨城県水戸市にて社労士・キャリアコンサルタントの方々にガイダンス実施
 

   1月  1日 マスコミ電話帳 2020年版 』(宣伝会議 3月発行)に松浦なつひ島崎浩一が掲載されました。

2019年 

12月26日 東京商工会議所東商 社長ネット-東京の元気な社長さん』に掲載されました。

 


小規模・中小企業の未来戦略  ―SDGs実現経営計画策定支援

「今を切り抜けるのに精一杯で、3年後など考えられない。」「どうしたら良いかわからない。」というお声が聞かれます。手っ取り早く売上の立つ異業種事業に従業員に営業をさせたり、とにかく補助金を受給するために事業計画を立てずに実施する事業者も見られます。
 しかし、コ
ロナは必ず終息します。ポストコロナを考慮せずに、行き当たりばったりで突き進む事業に未来はあるのでしょうか?。

当社では、未来戦略としてSDGsに沿った事業計画策定の支援を開始しました。今後、事業者の淘汰が激しくなります。SDGS実現に沿って事業を立て直すことが、生き残れる1つの解だと思われます。

資金調達支援(補助金・融資)

「強い会社」づくりのために「経営革新等支援機関」として、国の施策を活用した補助金や融資による資金調達の支援をいたします。今や、補助金申請採択を支援する業者は山ほどいます。弊社の特長は、補助金申請で終わりではなく、その後の「受給」に必要な実績報告までもフォローアップして喜んで頂いております。補助金申請はコロナ対応で変更も多く複雑化しております。また、中には数年間、報告が必要な補助金もあります。弊社がご提示するご支援料を「単発の手数料」とお考えの場合は少々高いと思われるかもしれません。しかし、弊社のご支援先は長い御付合いとなることが多いです。御社のパートナーとして、伴走させて頂くとことをご理解頂き、ぜひご活用下さい。

育児休業後の職場復帰支援

「働き甲斐のある職場」であるために、離職率の低下、生産性向上を通して、働くひと1人1人が自分の人生の手綱を握れるような人生を歩めることを目指しています。働く人の価値観が人口減少に突入した今、多様化してきています。特に、子育て世代は、今迄の価値観と新たな価値観との間で葛藤しています。

その中で、短時間勤務制度から、通常勤務制度へ戻すこと―これがなかなか難しく、マミートラックに陥ったり、制度へぶら下がっていると言われたり、退職してしまうなどの問題がまだまだあります。喫緊に改革が求められているパパ・ママ従業員の育児休業後の職場復帰に重点を置いて支援をいたします。  



SDGsへの取り組み


当社は、「ひと中心」の経営理念のもと、関与先の「強くて善くて働き甲斐のある会社づくり」のご支援を通して、「持続可能な開発目標(SDGs*)」の「8働きがいも経済成長も」「5 ジェンダー平等を実現しよう」に取り組んでおります。
また、会員としてボランティア活動をしているBPW東京(Business and Professional Women's Club of Tokyo) 上部組織・「認定NPO法人日本BPW連合会」が加盟する「BPW International」は、SDGsを採択した国連の経済社会理事会の諮問機関として総合協議資格を持つNGO団体です。

 

*SDGs: 2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成される